【Twitter】自分のツイートをブログの記事で有効活用する方法

Twitterのツイートをブログで有効活用する方法 Twitter

ブログをやっている人は、併せてTwitterをやっている人も多いと思います。

両方やっていると、時間が取られて、どちらかがおろそかになりがち。

ブログとTwitter同時にうまくできないかな?という人向けの解決策の一つを紹介。

 

Twitterのツイートをブログで活用する

簡単な活用法は、ツイートをそのままブログの記事の一部にしてしまう方法です。

たとえば、下のツイートはTwitterのツイートリンクを貼ったものです。

これだけで、ツイートは表示されていると思います。

ただ、これだと実際にはURLのリンク越しに表示されているだけに過ぎない。

それで、自分のツイートのテキスト部分をコピーして貼ってみましょう。

引用すると、こんな感じです。

・140文字めいっぱい書くべし
・30ツイート/毎日

もし両方採用すると、
140×30=4200文字。

多いなと感じる。

でも、
もしブログを書いていて、
もしツイートに一貫性あれば、

そのままブログ記事になる!

しかも4200文字の記事!
または、1400文字が3記事!

もしかして、これはスゴク効率よい?

きょうのツイートをこの方法で貼ってみましょう。

何がベストか判断に迷うこともある。

選択肢がないように見えることすらある。

でも、行動しないと。

時の流れが、モノゴトの価値を変化させることも多いから。

今は大したことないと思っていても、時代が後から追いかけてくることさえある。

だから、行動の結果をじっくり待てるようでいたい。

自分のツイートだから使い放題!

自分が何かをがんばっているとき、たとえ分野が違っても、誰かががんばってる行為そのものに感銘を受けることがある。

だから応援もしたくなる。

同じ場にはいなくても、「一緒にがんばろう」という気持ちになる。

自分自身ががんばるのをやめたとき、その感性はどこかへ消えてしまう。残念だけど。

ただ、ここで何か違和感を感じます。

そうです、このままだとただのツイートの寄せ集めにすぎません。

これでは、一つの記事として成り立ちそうもありません。

ももすき🔍言葉のガイド on Twitter
“a-kiさんの言われている、「ユーザーの意図にGoogleが合わせてくれる」との言葉でスッキリしました。 これまで、途中の過程でいろいろ起きてるけど、長期的視野でWEBを考えると、ユーザーファーストは、やっぱり大事なんだと。 Googleが目指し、わたしたちも、そうあるべきなんですね、きっと。 ”

a-kiさんの言われている、「ユーザーの意図にGoogleが合わせてくれる」との言葉でスッキリしました。

これまで、途中の過程でいろいろ起きてるけど、長期的視野でWEBを考えると、ユーザーファーストは、やっぱり大事なんだと。

Googleが目指し、わたしたちも、そうあるべきなんですね、きっと。

自分で書いたツイートの内容とも矛盾する有様(苦笑)。

こんなブログの記事が一体どんなユーザーフレンドリーなんでしょう。

これでは、Googleからも評価してもらえそうにありません。

「知ってる」にも、3つの要素が含まれているように思います。

1.情報を収集する
2.記憶して蓄える
3.知識を引き出す

これらがうまく連携してはじめて、「知ってる」って言えますね。

どれかが欠けてしまうと、「知ってる」どれ言えなくなってしまう。

鍛錬は必要ですね。

というわけで、ただツイートを貼るだけでは、うまい記事になりません。

 

Twitterのツイートをブログで有効活用するならテーマ統一

もしブログでツイートを活用するつもりなら、テーマを決めてツイートしましょう!

Twitterって、ブログほどテーマを決めないで始めてしまいがち。

でも、連携前提で始めたアカウントなら、基本はそのテーマの発言を多めにすべき。

 

そしたら、どの発言もブログに転用可能です。

もちろん、合間には、それ以外の話をしたってかまわないんですけれど。

ブログとTwitterの方向性を統一しておくことにメリットがありそうですね。

 

この記事では試しに、きょうのツイートのうち5個を使ってみました。

合計で、686文字だったみたいです。

これをベースに記事を書けるとしたら、いくらか楽にできそうですね。

 

コメント