【格安航空】ピーチエア国際線に上海浦東国際空港で搭乗【LCC】

ピーチエアの国際線MM899に上海浦東国際空港から搭乗 海外旅行

海外旅行は、団体ツアーなら、全部お任せで安心できます。

でも、個人旅行や出張など、自分で全部やらなければいけないと心配は増えます。

特に、海外の空港から日本に帰ってくる時は、その心配もさらに増します。

 

中国旅行や中国出張から帰ってくる時にも、事前に情報があると安心ですね。

空港はどんな感じ? 搭乗手続きはどこ? などの不安を解消できます。

ピーチエアの国際線に中国の上海浦東国際空港で搭乗するまでをご紹介します。

 

上海浦東国際空港第2ターミナル

ピーチエアの国際線MM899に上海浦東国際空港から搭乗

上海には二つの国際空港、虹橋空港と浦東空港があります。

今回ご紹介するピーチエアは、浦東国際空港を利用します。

浦東国際空港には二つのターミナルがあり、使っているのは第2ターミナルです。

 

ピーチエアのチェックインカウンターは中央左寄りのH右

ピーチエアの国際線MM899に上海浦東国際空港から搭乗

出発ロビーは、第2ターミナルの3階にあります。

現在あるAからMまでのカウンターのうち、ピーチエアはHカウンターを使います。

チェックインカウンターHは、建物奥に向かって、中央左寄りに位置しています。

 

チェックインカウンターの配置と名前が、羽田空港国際線ターミナルと違います。

上海浦東空港の場合は、Hといっても、カウンターの名前ではなく、通路名です。

つまりH通路にある左右のカウンターが、「H」に相当します。

 

ピーチエアのカウンターは、Hの右側奥に位置しています。

しかも、手前は、中国国際航空のカウンターなので分かりにくい感じです。

チェックインの時は、H通路の右側カウンターの奥までいかないといけません。

 

ピーチエアの国際線MM899に上海浦東国際空港から搭乗

 

ピーチエアの上海浦東空港発の搭乗券

ピーチエアの国際線MM899に上海浦東国際空港から搭乗時のボーディングパス

羽田空港から出発する時は、ANAと書かれた搭乗券でした。

上海浦東空港から戻ってくる時に渡された搭乗券は、Peachと書かれたものです。

中国のチェックインカウンターのほうが、専用用紙を準備しているんですね。

 

搭乗口が毎回同じとは限らない

今回の搭乗口は1階のD230

出国手続きと手荷物検査を終了したら、ラウンジに出ます。

出発ロビーは3階ですが、ピーチエアの搭乗口は1階のD230です。

階段もありますが、荷物重めならエレベーターで1階に降りましょう。

 

1階ということは、ボーディングブリッジでの搭乗ではないということです。

ここから、別の場所に駐機している飛行機までバスで移動します。

搭乗券のチェックを受けてから、バスに乗り込みます。

 

ピーチエアの国際線MM899に上海浦東国際空港から搭乗

バスで飛行機の近くまで来たら、歩いてタラップへと向かいます。

空港の外を歩くという経験はなかなかできないので、これも楽しいですね。

そして、階段を上って、飛行機に乗り込みます。

 

かつて搭乗口が1階D231から3階D73へ変更になったことも

ピーチエアの国際線MM899に上海浦東国際空港から搭乗

搭乗券記載の搭乗口は「D231」となっていたものの変更になったこともあります。

この時は、「D73」へ変更になったので、1階から再び3階へ戻りました。

そして、3階からなので、ボーディングブリッジを通って機内へと移動します。

 

ピーチエアの国際線MM899に上海浦東国際空港から搭乗

搭乗口は、いつも同じとは限らないんですね。

よく乗る便だったとしても、搭乗券と現場で、しっかり確認しましょう。

そして、時間に余裕をもって出国手続きをすると安心ですね。

 

コメント